建てた後で後悔しないために注文住宅のデメリットを知ろう!

間取りから考えた場合におこるデメリット

自分の思い通りに、間取りや空間を考えて家を建てる事が出来るのは、注文住宅の魅力です。しかし、その魅力がよく注意をしないと、建てた後で、後悔してしまうことがあります。それは、間取りから考えて土地を購入した場合です。注文住宅となると、その自由さから夢が広がり、前もって理想の間取りを考えます。本やサイトなどを参考にして時間を費やし、理想の形にしていきます。間取りや空間は、家族数や趣味・仕事などによってさまざまです。 いざ完成したら土地探しになりますが、ここで問題が起きます。なかなか、自分たちの理想の家が収まる土地が見つからないというケースです。そうなると、収まる事だけを目的とした土地購入となるため、いざ住んでみると日当たりが悪い、庭が狭いなど不都合な点が出てきます。自由設計とはいっても、まずどこに建てるのかを明確にしてから、間取りや空間を考えましょう。

仕様打ち合わせでおこるデメリット

注文住宅の工事が始まると、仕様打ち合わせをしていきます。仕様打ち合わせとは、キッチンの蛇口や食洗機はどれにするのか、床材・クロス・浴槽の色などを、工事の流れに沿って順番に決めていく話し合いのことです。このときに、気を付けないと後でデメリットとなってしまう可能性があります。それは、当初の予定より追加料金が発生して、支払額が増えてしまったというケースです。 では、なぜ追加料金が発生してしまうのでしょうか。決して工事する側が原因ではなく、選ぶ側に責任があります。注文住宅は、建売住宅に比べ、選べる商品の種類やグレード、色やデザインなどが豊富です。そのため、プラス数百円とかプラス数千円とか、その場では大した金額ではないなと思いながら決めてしまいます。ところが、完成間近になって計算してみると、数百万円になっていたなんてことも珍しくありません。合計金額をよく意識した打ち合わせをしましょう。

© Copyright Live In A Mansion. All Rights Reserved.