家を建てたい方必見!注文住宅の概要

間取りや土地を自分で決められる

最初から建築されている住宅を建売住宅といい、注文後に様々な条件を設定して建築する方法を注文住宅といいます。建築会社を決定した後何度も何度も打ち合わせを繰り返すことで、徐々に理想的な住宅にイメージを近づけられるのが特徴です。また、決めるのは間取りだけではありません。土地探しから始めることも多く、自分がどこに住みたいのか細かいエリアを含めて考える必要があるのです。このように、建売住宅と比較して非常に時間がかかる一面も否めませんが、それゆえにこだわりを持った住宅を建築することができます。特に住宅は人生の中で一番大きな買い物になることも少なくなく、注文住宅でこだわりのある一軒家を建てたい施工主は少なくありません。

自分たちに最適な住宅を決められる

注文住宅の魅力が最大限に発揮されるのは、家族全員の意見を採用しやすいことです。建売住宅の場合、今から仕様を変更することはできないため、家族の誰かがクレームを付ける可能性も否めません。一方で注文住宅なら、土地や予算との兼ね合いもありますが、家族全員の意向を汲んで建築することが可能です。和室を入れたり、子供部屋を採用したりと、それぞれの譲れないポイントに合わせた間取り決めが行えるのです。また、注文住宅は素材からこだわることもできます。木材や外壁など、住宅は実用性だけでなくデザイン性も重要です。その細かいデザインに関する注文を叶えられるのも注文住宅の利点であり、注文できるからこその魅力でもあるのです。

分譲住宅とは別名建売住宅とも呼ばれ、ハウスメーカーや工務店によって設計、建築した土地と建物を一緒に販売する住宅のことです。間取りや価格はメーカーごとに異なります。

© Copyright Live In A Mansion. All Rights Reserved.